アラサーの目指せ筋トレバキバキへの道!!

小企業ワンマン社長と行く社員旅行 あるあると対策編

✔️雑記ブログ

こんにちは、タコライスです。

今回はワンマン社長と行く社員旅行で実際に感じたあるあるを記事にしてみようと思います。

パチパチパチ

まず最初に社員旅行に連れて行っていただき社長さんありがとうございます。

心より感謝申し上げます。(棒読み)

 

これからただの愚痴が続きますので、とりあえず先にお礼の言葉を差し込んでおきますw

 

それではある程度背景が分かるように会社の規模と旅行先が決まった理由について話して行きたいと思います。

会社の概要

まず社長を含め従業員の人数は10名の小さな会社です。

(男性社員 5名  女性社員 2名 パート(女性) 2名)

男性 女性 の比率は 6 : 4 (社長含む)です。

社長を除く発言権的なパワーバランスなのですが体感的に男性 30 女性 70ぐらいに感じます。良くて40:60 ぐらいでしょうか。

誤解のないように女性の我が強すぎるという事を言いたいのではなく、臆する事なく発言できるメンタリティーの強さが女性にはあるのかなと感心します。(褒め)

男性社員の言いたい事を代弁してくてる頼もしい存在の時もあります。

決して敵にはまわしたくないのですが・・・

まぁざっくりこんなの感じの会社です。

そして旅行の行き先についてなんですが、こちらは公平に何個かでた候補の中から社員の中だけで多数決をとる事になりました。

国内数カ所といける範囲の外国が候補に。(国内は北海道など海外は韓国も候補に)

社長は多数決に参加せず(以外といいところもあるなぁと感心する所も)

ただ行きたい場所はアピールしていたので、選んでもらいたいところは丸わかりでしたが。

結果1泊2日の中国上海旅行に決まりました。

 

それでは本題の

小企業ワンマン社長と行く社員旅行 あるある

【その1】社長とホテルの部屋が一緒かどうかが本気で気になる 

当然気になるところですね

社長とホテルの部屋が一緒の時 = 551がない時

社長とホテルの部屋が一緒ではない時 = 551がある時

完全に一緒の状態です。

言わずもがな楽しさは半減ですね。

ここで対策についても触れていますので、ご参考にどうぞ。

対策・・・

決まってしまえば覚悟を決めなければなりませんが、一人で抱えこんではダメです。

違う部屋で羽を伸ばしている同僚を巻き込みましょう。

『社長、夜の街に遊びに行きましょ』

『〇〇にも声をかけてきます』

とこちらから積極的に声をかけ、ホテルでは寝るだけの状態に持っていきます。

まずは攻めの姿勢で行きましょう。

ここは距離を詰めるのがポイントです。

そして同僚を誘い適度に距離をあけます。

ボクシングと全く一緒の原理ですね。自分の距離で勝負しましょう。

下手に距離を取りすぎるとポイントが入りませんし、いきなり距離を詰められて致命傷を負う事も。

逆に近づきすぎると、強烈なボディが待っていますので注意しましょう。

あくまでの自分の安全な距離を確保しましょう。

 

【その2】社長と飛行機の席が隣か本気で気になる

当然気になるところですね

社長と飛行機の席が隣の時 = 551がない時

社長と飛行機の席が隣じゃない時 = 551がある時

先程同様、完全に一緒の状態です。

対策・・・

乗り始め

『楽しみですね〜』私

『そうだな〜』私

二、三言交わす。

そしてイヤホンをしてスマホの映画を視聴する

(予め必ずダウンロードしておきましょう!!)

ゲームはNG❌話しかけられる危険性があります。

これで対策はバッチリですね!

えっ?上司ガン無視で映画はダメでしょう?って

 

そんな心配性なあなたへ

行く前に退屈なので、映画をダウンロードしましたという話題を出しておきましょう。

『やり方教えて』と言われたらもう安心ですね。

 

【その3】スムーズにいかないとすぐに機嫌が悪くなる

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

段取りが悪いと機嫌が悪くなる人は多いと思いますが、ワンマン系社長はこの傾向がとても強いです。

思いどおりにならない事、待たされるのを非常に嫌う性質があります。

 

人に任せるわりに、最終的に自分の好みで決めるため、しばし振り回される事が多いです。

対策・・・

段取り担当にならない事を祈りましょう。

行ったことの無いところでましてや海外

旅行という仕事では無い環境で、相手(社長)の趣味や性格に対する

傾向や対策を考えるのは骨が折れ、楽しさも半減

なので、トラブルが少ない(日本)旅行先を選択するというのもいいんじゃないでしょか。

現に男性陣は限りなく、負担が少ないノビノビ旅行にしようという考えで満場一致で国内旅行一択でした。

それに引き換え女性陣は旅行中に社長の気遣いに関して、気にやむ事はほぼありませんので、海外一択でした。

男性陣の対策は失敗に終わりました。

 

ここでよく読んでいただいた方は

疑問に思ったかもしれません。

 

社員は男性5名 女性4名 多数決になるなら間違いなく勝てるはず?

ではなぜ海外になってしまったのか・・・

 

それには経緯があります

実はLINEで期日までに投票する事になっていたのですが、男性社員の一人がLINEを期日までに送っておらず!!無効票に!!

 

 

オイっ!!何してんだよー!!

 

『期日までに連絡がなかったので、北海道4票 上海4票で同率のため。私(社長)の希望も含めて上海に決めました』 社長LINEより

結局、社長の一存みたいな決め方になってしまいました・・・

 

きちんとはなから多数決で決まった方がスッキリしたのですが、、、

 

なんとも  モヤッとする決まり方になりました!

絶対北海道だと思ったのに・・・

 

以上、小企業ワンマン社長と行く社員旅行あるあるでした。

 

おまけ

で結局旅行は面白かったのかって?

 

 

まぁ〜なんだかんだ結局そこそこ楽しかったかな〜w

人生二度目の海外で中国は初だったし。

一応 中国(上海)の印象に残った事もまとめておきます。(2016年当時)

飯がほんとに不味い(ほんとにごめんなさい嘘が付けなくてm(_ _)m美味しいと

思う方もいると思うんです。私の味覚が悪いんです。とにかくヤ⚪︎かった。)

一番印象に残ってしまいました。

帰国後も同僚とその話で、盛り上がるので旅のネタには良かったのかも

あとひたすらクラクションが鳴り響いてました。

車間距離も恐ろしく近い!!

 

事故らないかな〜と思っていたら

案の定

コツン!と前の車に当たりました。

やっちゃった!!

 

と思いましたが、そのまま何事もなく運転!

えっ大丈夫?懐が海のように深いの?それともみんな車間距離鬼詰めで急いでいるから

いちいち止まらないの?

軽い接触で傷とかはついてなさそうでしたが、以外とよくある事なのかも?!

まぁ大事にならず良かったです。

後、中国人ガイドさんの妙に気になる『ハイ次!』というせっかちな口癖w

そして中国人の驚いた時にでる

 

『アイヤー!!』

 

ホントに言うだなぁーーという発見!!

香港映画と一緒!! で妙に感動しました。

中国雑技団?的なショー(名前は忘れました)

丸い籠の中でバイクが数台走り回るのは圧巻でした!!

成龍電影芸術館(ジャッキーチェン博物館)にも行きました。

後色々と行きましたが、場所の名前とかは忘れてしまいました。

ミッションインポシッブルの映画の舞台とか

中国の印象に残っている所はこんな感じです。

軽くディスてる感じになっちゃってませんか?

大丈夫ですか?

いい所もたくさんあります。

是非現地で体感してみて下さい。

 

改めて旅行に連れて行っていただきありがとうございました。(棒読み)

 

 

タコライス男
タコライス男

終わり

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました