プロテインの種類と選び方

こんにちは、タコライスです。

今回はプロテインの種類について解説していきたいと思います。

まずプロテイン=タンパク質のことです。

※プロテインは英語で日本語訳はタンパク質
筋肉増強剤ではありません。➡︎昔はそう思っていました。

プロテインの種類は大きく分けて3つ

  • ホエイプロテイン
  • ガゼイプロテイン
  • ソイプロテイン

ホエイプロテインとは?

ヨーグルトの上澄部分の乳清(ホエイ)のことで、

牛乳のタンパク質の約20%を抽出したものになり動物性タンパク質です。

【メリット】
水溶性があり溶けやすい、体内の吸収が早い

【デメリット】
体内の吸収が早い分、睡眠時などタンパク質が補給できない時間帯は

筋肉合成に必要な分が足らなくなる。

乳糖不耐症がある方はお腹を壊す可能性がある。

※乳糖不耐性・・・乳糖を分解するラクターゼが不足し、消化不良、腹痛、下痢などの症状がでる
日本人に多い。

※ただ注意点

WPC(ホエイプロテインコンセントレート)製法・・・ろ過の精度があらく乳糖が残る。その分糖質やビタミン、カルシウムなども含まれているが、タンパク質含有率が低い。安価である。

WPI(ホエイプロテインアイソレート)製法・WPH製法・CFM製法・・・ろ過の精度が高く乳糖が取り除かれており、脂質や糖質、免疫成分の含有率が低いが、タンパク質含有率が高い。WPI製法に比べ値段が高くなる。

ガゼイプロテイン

チーズやヨーグルトを固める乳固形分で、

牛乳のタンパク質の約80%で、ホエイを除いたタンパク質を抽出した

動物性タンパク質になります。

【メリット】
不溶性があり固まりやすく、体内の吸収がゆっくりである、

そのため睡眠前やタンパク質の補給に時間があく時などに良い。

満腹感を持続させてくれる。

【デメリット】
乳糖不耐症がある方はお腹を壊す可能性がある。

ソイプロテイン

大豆が原料で、植物性タンパク質です。

【メリット】

体内の吸収がゆっくりである、そのため

睡眠前やタンパク質の補給に時間があく時などに良い。

イソフラボンの効果で皮膚や骨の強化、血流改善が期待できる。

満腹感を持続させてくれる。

乳糖が入っていないので、乳糖不耐性の方でも安心です。

【デメリット】

水に溶けにくいので、違和感が残る。

※他にも米やエンドウ豆、グアナラ(ガラナ)の種子を原料にしたものもあります。

 

プロテインを選ぶポイント

  • 毎日飲むので、プロテインに使ってもいいと思える価格のものを選びましょう。
  • 乳製品でお腹が不調になる方は、植物性のソイプロテインやろ過精度の高い
    ホエイorガゼイプロテインを選ぶ
  • 自分に合った味を選ぶ
  • タンパク質含有率の高いものを選ぶ

 

飲みやすさ、体の相性、コスパで選びましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です